塗り替えの周期と時期

トップページ住まいの塗り替え|塗り替えの周期と時期

塗り替えの必要性

塗装(塗料)の理想的な効果とは、なんでしょうか。

一言で表現すると、『壁面を「きれい」に、そして建物を守る。紫外線や、雨風による天候に耐える。』ではないでしょうか。

お住まいを守っている屋根や外壁はの素材を、雨や紫外線から守っているのが1ミリにも満たない薄い『塗膜』です。

『塗膜』には寿命(耐用年数)があります。
新築時の新しくきれいな状態な時、使用されている塗料にもよりますがおおよそ5~6年、現在新しく開発されているフッ素樹脂塗料でも約15年程度です。

日本の住宅の平均寿命はおおよそ30年といわれておりますが、住宅は一生の間に2~3回、表面の「塗膜」の定期的な「塗り替え」が必要です。
住宅の屋根、外壁を保護している『塗膜』が劣化し痛んでしまうと屋根材や外壁材などが直接雨や紫外線を受けてしまうことなり、住まいの構造体を傷め、劣化をさせて雨漏りの要因になります。
『塗膜』の状態を保つことは、お住まいを守り保つことと同じと言って過言でないでしょう。

また、塗り替えによって、お住まいを美しく、新築のような色彩をよみがえらせることが出来ます。

塗り替えの時期はいつ?

塗り替えの時期を判断するには、塗装状態はもちろんのこと、建物の立地環境によっても左右されます。

 下記の図は、屋根や外壁の素材(部位)の種類に応じた平均的なメンテナンスが必要となる目安の期間です。
この期間は、日光である紫外線があたりやすい南側や、逆にあたりにくい北側では変わります。
お住まいの立地されている環境にもよりますが、風の通りや、湿気がこもりやすい場所は 特に同じ建物であっても、劣化や『塗膜』の痛み具合は異なります。

外壁<吹き付け> 6~10年
外壁<サイデイング> 10年
外壁<ALCパネル> 10年
屋根<カラートタン> 5~8年
屋根<スレート(コロニアル)> 10年
木部 3年
鉄部 3年

壁面の状態と塗り替えの参考例と対処法

対処法として塗り替え前の適切な下地処理を記述しております。

クラックや破壊が激しい

症状 ところどころにクラック(ひび割れ)が生じ始める
原因 紫外線による経年劣化、新築時のモルタル乾燥の不十分や地盤の弱い立地
対処法 ヘアークラック(表層部分のひび割れ)の場合は下塗り材の
刷り込み、構造クラック(深部に達するひび割れ)の場合は
Uカット後シーリング処理

外壁<モルタル吹き付け面>

症状 塗膜の膨れや剥がれ
原因 経年
対処法 高圧洗浄や手工具、電動工具による既存塗膜の剥離

外壁<サイディング>

症状 目地や窓周りのシーリング部に亀裂
原因 紫外線による経年劣化、新築時に適正な厚みがとられていない場合などは5年程度でも見られる場合があります。
対処法 シーリングの「打ち増し」、「打ち替え」

外壁<ALCパネル>

症状 ALCパネル目地や窓廻りのシーリング部に亀裂
原因 紫外線による経年劣化。サイデイングと同じく、新築時に適正な厚みがとられていない場合などは5年程度でも見られる場合があります。
対処法 シーリングの「打ち増し」、「打ち替え」

カビ、藻の発生写真

症状 藻やカビの発生
原因 太陽光が届かない、湿気のこもり易い立地(隣地や北側)
対処法 専用の藻・カビ除去洗浄、防藻・防カビ塗料仕上げ

症状 色の劣化
原因 紫外線による経年劣化及び風雨
対処法 素材に適した屋根専用塗料仕上げ

錆の大量発生、亀裂もあります

症状 錆の発生
原因 手工具や電動工具(サンダー)によるケレン(錆、劣化塗膜の除去)
対処法 ヘアークラック(表層部分のひび割れ)の場合は下塗り材の
刷り込み、構造クラック(深部に達するひび割れ)の場合は
Uカット後シーリング処理

錆の対処法は品質の高い錆止め塗料、上塗り塗料を使用することよりも、どの程度ケレンするかが重要です。 したがって、塗料へ費用をかけることより、ケレンの工程に費用をかけるほうが効果的です。

結露、漏水、腐食してます

症状 既存塗膜の色あせ
原因 経年劣化
対処法 手工具や電動工具(サンダー)による劣化塗膜の剥離

実際の塗り替え時期は、一軒毎のお住まいの状況により変わっていきます。
これは塗料、壁材の一般的な大よその耐久年数と前後する場合もございます。

塗装の劣化のシグナルを見逃さない

お住まいを傷めない『塗膜』の劣化のシグナルは、一般的にこのように起こっていきます。

1. 艶が落ちてくる、または艶が消えている
2. 元あった色から変色してくる、色の鮮やかさが無くなってくる
3. 表面が、脆く粉っぽくなってくる(チョーキング現象)
 弊社ではこの段階での塗り替えをオススメしております。
4. 壁面にひび割れが発生し、コケやカビのような物が発生する
5. 『塗膜』が剥離してしまう
   この段階では、素材自体がそのまま紫外線や雨にさらされている状態です。
   劣化素材の交換等の、下地処理が必要となり、その分費用がかかります。

また、鉄部や木部は外壁や屋根に比べて劣化の進行が早いのです。
もし、小さな剥がれを発見されたら、ご自身で補修塗装しておくことが、費用をかけずに大切なお住まいを傷めず、
より長持ちさせる秘訣になります。

住まいの塗り替え

名古屋、北名古屋、豊川、豊明、豊田、岡崎、安城、刈谷、碧南、豊橋、岐阜、鳥羽、四日市、etc あらゆる地域までお見積に伺います。

光の力をいかした光触媒です。藻やカビなどを高圧洗浄した後に、塗装と一緒にお試しください。

K2コートの生み会社です。他の塗料とも相性が抜群のK2コード、値段もリーズナブルです。

大手の工務店です。安心・安全の建築は竹中工務店を!

環境に優しい塗料を作ってます。