光触媒K2コート

entry tel

お申し込み

tel

塗装面の劣化を防ぐ

光触媒塗料は汚染を防ぎ、大気を浄化するなどの特長があります。
さらに、K2コートは外壁の色褪せなど劣化の原因となる有害な紫外線を約70%カットして確実に塗装面の劣化を防ぎ、 壁の寿命を延ばすことが可能になりました。

フッ素樹脂塗膜に紫外線(UV)吸収剤を添加することによって、実現した機能です。

また、透明性が高い塗料なので、壁の素材そのものの美しい色彩を失いません。
これは、一般的に扱われている光触媒塗料や低汚染塗料にはないK2コート独自の特長です。

柔軟性で長持ち

K2コートは、伸張率約330%もの弾性を持っている為、下地が弾性塗料や 防水材でも収縮を阻害したり、ひび割れを起こしにくくします。

無機系塗料はある程度の経年の劣化による塗膜割れが発生しますが、 K2コートではほとんどありません。K2コートの伸張率約330%は、他の光触媒塗料が真似できない力です。

防カビ効果で塗装面をしっかり守る

img02

光触媒は日の光(紫外線)との反応により効果を発揮します。 立地の条件にもよりますが、日の当たりにくい部分のかび・藻には、 効果が現れにくいことがありました。

しかし、K2コートの防カビ・防藻機能は、今までにない、 多くの細菌に効果があります。 その数なんと、450種類もの細菌、藻類等に効果を発揮します。

カビ・藻の繁殖を抑制し、建物の本来の美しさを持続させ、 劣化も防ぐことを可能にしたのです。

光触媒の力で汚れを分解

img03

光触媒(酸化チタン)に日の光(紫外線)が当たると、酸化チタンに 活性酸素が生じて、この活性酸素が塗膜に付着した有機物を分解します。

分解力の秘密は

■有機物分解
太陽の光を受けると塗膜の中の酸化チタンが活性酸素を生み出す力を発揮します。 この活性酸素は汚れを分解、そして汚れの付着力を弱めます。

■NOx分解機能
NOxは、身近な自動車の排ガスや工場などから発生する 大気汚染の原因となっている窒素酸化物の総称です。
NOxを、光触媒は分解する機能があります。
光触媒の力は、空気を浄化する自然環境に塗料なのです。

親水性で汚れを洗い流す

K2コートを塗ると、壁表面に水がなじみ、水滴にならず水膜ができます。
外壁の汚れの原因の1つは、雨水に含まれる大気の汚染物質が壁に付着してしまうからです。

撥水性の表面では水は弾きます。しかし、雨の水滴の中に含まれる汚染物質は付着してしまいます。
親水性表面では、雨が降ると、そうして付着した汚染物質を水膜で浮かして洗い流す現象が起こります。

分解力と併せて、光と水による「セルフクリーニング効果」といいます。
また、日の光が当たりにくい場所でも、K2コートANは、親水性フッ素樹脂の 特長で光が当たらない箇所でも親水性を発現します。
立地条件にもよりますが、日の当たらない場所でもK2コートは力を発揮し 塗装面をクリーニングします。

静電気を防止してチリ・ホコリをよせつけない

K2コートの塗膜自体が導電性を持っています。その為、静電気を防いで乾燥状態でもチリ・ホコリが付きにくく、汚れの原因からガードします。

お申し込み tel

よくあるご質問

一般的な低汚染塗料(汚れにくい塗料)と「k2コート」は何が違うの?

A.一般的な低汚染塗料はコート表面をシリカ技術で親水化(撥水ではなく水の膜を形成する状態)にして雨水で汚れを洗い流します。
これに対して『K2コート』は光触媒とフッ素樹脂の機能により、汚れが付きにくく、付着しても汚染分解力で自らクリーニングします。
また壁に有害な紫外線をカットし、下地塗装面の寿命を延ばす効果があります。

塗った後の耐久年数は?

A.立地条件にも、左右されますが大よそ12~13年の耐久性です。
促進耐候性試験にて4000時間をクリアしております。
立地、施工後の気候条件で施工後10年程度で点検されることをおすすめしております。
フッ素塗膜は20年を超える寿命の場合もありますが、下地の状態により異なります。

費用はどれくらい?

A.立地の条件、建物の構造にもよりますが施工事例、参考費用をご覧ください。
まずは、お気軽にお問合せ下さい。

自宅、店舗(ビル)の外壁にK2コートが塗れますか?

A.弊社の技術スタッフが、現地にお伺いし壁面を調査いたしますのでご安心ください。

壁にコーティング(上塗り)して、変色しますか?

A.K2コートは無色透明ですので、問題ありません。
建物の色を塗り替えるには、K2コートの下に塗る塗料をご希望に色に合わせて下さい。

お申し込み tel